Slackを使ってみよう!

slackメインイメージ仕事効率化

どーも!雑用係のBENです。

最近ネットをうろうろ検索していると、よく目にするロゴ。みなさんSlackってご存知ですか?どうやらすごく有名なツールみたいなので使ってみました。

ものは試し!となんでも飛び込んでしまうタイプです・・・

Slackとは?

リリースは2013年とけっこー昔なんですね。

アメリカで開発された「チームコミュニケーションツール」でいろいろな企業で導入されているようです。2017年には日本語版のサービスが開始され、デスクトップ用アプリやスマホ用のアプリが公開されています。

基本的な使い方は、「ワークスペース」を作成して「チャンネル」と呼ばれるチャットルームを作成。そこに関係するユーザーを招待してチャンネル内でコミュニケーションを取る。というのが基本的な流れのようです。これだけ見るとよくあるチャットツールに見えますね。

では、なぜSlackを使う企業が増えたのでしょう。

制限付きですが、無料で使えますので早速使ってみましょう。

Slackはじめました。

まずはワークスペースをつくりましょう。↓から「Slackを始める」へ。

Slack をあなたの Digital HQ に
Slack は、チームとコミュニケーションを図るための新しい手段です。メールよりも速く、整理され、安全な方法で実現できます。

slackスタート画面

ワークスペースを新規作成へ進むとメールアドレスを入力する画面へ。お試しだったのでGmailで登録をしました。会社で使い始める場合は、会社のメールアドレスになりますね。

メールアドレスの確認後アカウント情報などの初期情報を登録します。

ワークスペースの登録が終わるとすぐにチャットが始められます。

メンバーを招待してみましょう。

サイドバーの「+メンバーを招待する」からできます。相手のメールアドレスが分かれば誰でも招待出来るので招待しましょう。ちなみに私は誰も招待していないので、独り言になっています…そんな寂しい方はslackbotに喋りかけてみましょう!

slackbotにしゃべりかける

嫌な顔一つせずにおじさんの話を聞いてくれます……

他のユーザーが招待に応じてメンバーになってくれると、そのユーザーとLINEみたいにダイレクトメッセージを交わしたり、通話も出来るようになります。

この記事を書いた人

DOMO雑用係。WEB制作勉強中のオジサン。javascriptでつまずいて転んで起き上がれずにいます。めざせ!フルスタックエンジニア〜

和田 慎吾をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
仕事効率化
この投稿をシェアする
デザイン制作室DOMO

コメント